私は薬歴の普及促進を拡大地方連絡協議会に提案して、まさかの反対に遭った。大阪府薬剤師会会長の吉矢佑先生(後の日本薬剤師会会長)が、「それはできない」と反対の意を表明されたのだ。

薬歴の調剤報酬点数化はこうして実現した<後編>の画像

ログインして全文を読む