1974年に日本薬剤師会の常務理事となり2002年に会長職を退くまで30年近くにわたり、先輩方や仲間と一緒に医薬分業の進展、国民のお役に立てる薬局、業界づくりに力を入れてきた。結果、日本の近代医薬分業の基礎的な部分は、この時期に随分、形づくられたと思っている。

薬歴の調剤報酬点数化はこうして実現した<前編>の画像

ログインして全文を読む