選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のデプロメール、ルボックス(一般名ともにフルボキサミンマレイン酸塩)に、8歳以上の小児に対する「強迫性障害」の適応が追加されました。これは、SSRIとして、小児における初めての適応となります。成人への投与は1日50mg、1日2回から開始するのに対して、小児は1日25mg、1日1回から投与を始めます。また、小児の場合、投与開始時は「就寝前」投与と指定され、増量すると朝と就寝前の1日2回投与となります。

デプロメールとルボックス、SSRI初の小児適応の画像

ログインして全文を読む