カルシウム拮抗薬のカルブロック(一般名アゼルニジピン)とアゼルニジピン配合薬であるレザルタス配合錠(オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン)で、禁忌の項目が改訂され、投与経路や商品名が具体的に記載されました。これまでは「アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ミコナゾール等)」でしたが、今回、アゾール系抗真菌剤の「外用剤を除く」と追記され、具体的な一般名として「フルコナゾール、ホスフルコナゾール、ボリコナゾール」が追加されました。

カルブロックやレザルタスの禁忌が改訂の画像

ログインして全文を読む