抗インフルエンザ薬のイナビル(一般名ラニナミビルオクタン酸エステル水和物)を予防に用いる場合の用法・用量が追加されました。これまでは10歳未満の小児には予防目的では使用できませんでしたが、今回の改訂により使えるようになりました。具体的には、10歳未満の場合、20mgを単回吸入投与します。また、成人および10歳以上の小児に対する40mg単回吸入投与が追加されました。これまでどおり、20mgを1日1回、2日間吸入投与することもできるので、2種類の投与法からいずれかを選びます。

イナビルの予防投与が10歳未満も可能にの画像

ログインして全文を読む