OTC薬における2014年度の外用鎮痛消炎剤の市場規模は、620億円であった。消費増税後の買い控えの影響で、14年度のOTC薬全体は前年比96%とやや不調であったが、外用鎮痛消炎剤は、前年と同程度の販売金額を維持した。

ジクロフェナクNaの伸び好調、インドメタシン抜くの画像

ログインして全文を読む