眠れない、寝付きが悪い、夜中に目が覚めてしまうなどの不眠の症状は、ストレスや飲酒、不規則な生活だけでなく、うつ病や神経症、パーキンソン病、前立腺肥大による頻尿やアトピー性皮膚炎による痒みなど、疾患に起因する場合も少なくない。OTC薬で対応可能なのは、ストレスで神経がたかぶって眠れない、時差ボケで寝付けないというような一時的な不眠症状の緩和である。

抗ヒス、生薬など多様な成分、患者に合わせた製品選びをの画像

ログインして全文を読む