12月1日は世界エイズの日。アメリカでは、エイズへの理解を広く浸透させようと、住民を対象とした講習会や、患者、ケースワーカー、医療従事者が一緒に歩くイベントなどがあちらこちらで開催されました。

針刺し事故を5回経験した医師によるHIV講習会の画像

ログインして全文を読む