高齢者は、便秘と同様に下痢を来す機会も多い。免疫力低下にを伴う感染性の下痢のほか、緩下薬の効き過ぎによる下痢などもあり、中には重篤化し、頻脈や血圧低下を伴うケースもある。特に夏場など体内の水分が著しく奪われる季節には、生命を脅かす脱水を来す恐れもあるため、水分および電解質補充に十分留意しなければならない。

高齢者の下痢は脱水に要注意の画像

ログインして全文を読む