国の旗振りで急速に使用が増える後発医薬品。今回は、この後発医薬品の数量シェアを、入院・外来別、薬効別、成分別に分析してみたい。調査対象期間は2012年1月から13年12月の2年間で、対象期間のデータが全てそろっている87病院、対象患者数約343万人のデータから分析した。

オメプラゾールで後発品の割合が3倍増の理由の画像

ログインして全文を読む