私がこれまで関わった関節リウマチの症例数は数百人で、決して多くはありません。私のいる病院は、地方の一医療機関であり、高齢化が進んでいます。そのため、私にとって若年の患者さん、挙児希望の患者さんに関わることは稀です。現在、ほとんどの患者さんは正確な服薬ができており、薬の飲み間違い・飲み忘れ、口内炎や感冒様症状の時の問い合わせ、常用薬や葉酸を含むサプリとの飲み合わせなどの問い合わせが月に数回ある程度です。

リウマチ治療の裏側で考えていることの画像

ログインして全文を読む