先日、京都に行く機会があり、長年行ってみたかった三十三間堂を訪れることができました。三十三間堂は、後白河天皇が頭痛の封じを祈願して建立されたという来歴があり、創建当時の本堂の梁にはヤナギが使われたといわれています。

柳の樹皮から生まれたアスピリンの画像

ログインして全文を読む