今回も、以前研修に行ってきたドイツの、「ドイツ自然療法士に学ぶ植物療法とボタニカルセミナー」で学んだことを紹介します。家庭で出来る自然療法の「キッチンファーマシー」では、台所にある野菜やハーブを使って心身のケアを行います。前回はキャベツを使った湿布をご紹介しましたが、どのドイツ人の家庭にも常備されている野菜であるジャガイモも、湿布としてよく使われます。

ジャガイモ湿布とクナイプ式水療法の画像

ログインして全文を読む