ナグモクリニック総院長である南雲吉則氏の「若返り方法」の一つとして有名になったゴボウ茶。実年齢56歳の南雲氏が、20歳も若く見られている(見た目だけではなく、身体の中もです)ということで、毎日お飲みになっているゴボウ茶が注目を浴びています。ただ、ゴボウをメディカルハーブとして用いる場合には、副作用にも注意が必要。今回は、そうした注意点も含めて、メディカルハーブとしてのゴボウをご紹介します。

流行中の「ゴボウ茶」、副作用報告があるなんて!の画像

ログインして全文を読む