今回は、残暑を乗り切るのにぜひ活用したい、さわやかハーブ「レモンバーベナ」を紹介します。レモンバーベナは、コウスイボク(香水木)という和名の通り、葉や花にはレモンに似た甘く強い香りがあります。南米からヨーロッパに伝えられたレモンバーベナは、食卓で油などが付いた指先を洗うフィンガーボール用の水の香り付けや、せっけんなどの香料の原料として利用されてきました。そして、案外知られていないのですが、ハーブティーとしても楽しむことができるのです。

レモンバーベナのさわやかな香りで残暑を乗り切ろうの画像

ログインして全文を読む