ご存じのように、クラリシッドなどのマクロライド系抗菌薬の小児用ドライシロップ(DS)は、酸性のスポーツ飲料などと混ぜると苦くなります。これらの薬剤は苦みを感じさせないように、中性の口腔内で溶けずに、酸性の胃で溶けるように設計されているためです。薬にも酸性のものがあります。有名なのがムコダインDSで、pHは2.76です。クラリシッドDSとムコダインDSを混ぜるとすごく苦くなり、お子さんが間違って飲むと薬嫌いになることがあります。

ムコダインシロップの先発品と後発品の違いとはの画像

ログインして全文を読む