梅雨が終わると、あっという間に夏の強い日差しが照ってきます。暑い時に心配なのが、お子さんに処方された薬の保管。まず思い浮かぶのは坐薬です。脂溶性坐薬は外に出しておくと溶けてしまいます。でも、変化するのは坐薬だけではありません。これはうちの薬局の薬剤師さんの話です。

クラリシッドDSは炎天下で固まって苦くなるの画像

ログインして全文を読む