東京オリンピックが3年後に迫り、日本のニュースは「たばこ」の話題で盛り上がっているようです。国立がん研究センターがん対策情報センターの統計を見ると、全体的な喫煙率は徐々に減少しているものの、癌の中で肺癌は死亡数の多さで上位をキープしています。今こそ国を挙げて、一気呵成に喫煙・受動喫煙対策を実施する絶好のタイミングといえます。

ログインして全文を読む