慣れない英語の説明で、薬の名前や作用機序が患者さんにイマイチ分かってもらえなくても、薬剤師として「コレだけは理解してください!」とお願いしたくなるのが用法・用量です。でも、これも一定の形を覚えてしまえば、意外と簡単です。

舌下錠やチュアブル錠の用法を丁寧に説明するの画像

ログインして全文を読む