2016年度調剤報酬改定で新設された「かかりつけ薬剤師指導料」。18年度改定では、ご存知のように同意書の様式などが見直されました。

 業界内では、この「かかりつけ薬剤師指導料」の算定数の伸びに対して批判的な声が少なからず上がっています。その批判の多くは、主に大手チェーン薬局がこの指導料の算定数を伸ばしていることに対するもののようです。

かかりつけ薬剤師指導料、算定しづらい心の内の画像

ログインして全文を読む