新年度を迎えて10日余りが過ぎました。この4月には調剤報酬改定がありましたが、2年前に比べると、かなり静かなスタートだった印象を受けます。そうは言っても、地域支援体制加算の施設基準に関する申請などをはじめ、書類の作成などにもう少し慌ただしい日々が続くことになりそうです。

 さて話は変わりますが、先日新聞で、富士フイルムが白黒フィルムの販売を中止するという記事を読みました。デジカメやスマートフォン(スマホ)で写真を撮るのが当たり前の時代になり、フィルムの需要は激減していると聞きます。ましてや白黒フィルムともなれば需要は極めて限られますから、販売中止も時代の流れだと感じました。

白黒フィルム販売中止に見る「薬局の未来」の画像

ログインして全文を読む