4月の調剤報酬改定に向けて、ちょっと落ち着かない、気ぜわしい毎日が続きますね。私の地域では、厚生局と薬剤師会による講習会がそれぞれあり、出席してきました。多くの話を聞く中で、私が気になったのは「かかりつけ薬剤師指導料の算定は、複数回来局している人に限る」という部分です。

 一部の薬局で「かかりつけ薬剤師指導料」の算定が多くなり過ぎたことに対する措置なのでしょうが、こんな調子で算定に縛りや制限が設けられるのは、なんとも“息苦しさ”を感じます。念のために申し添えると、初回から算定したいがために言っているわけではありませんので、誤解なきようお願いします。

 読者の皆様自身あるいは周囲に、この「かかりつけ薬剤師指導料」にいまだ拒否反応を示す方が少なからずいることでしょう。中には薬局として、この指導料を算定しないことを方針として明言しているところもありますね。

 そんな中、ふと「かかりつけ薬剤指導料」なんてやめてしまえばいいのではと思いました。いや、正確に言うと「かかりつけ」という言葉を使うことをやめたら(つまり名称を変更したら)、もっとうまくいくと思うのですよね。

 導入から2年がたとうとし

かかりつけ薬剤師指導料、名称を変えませんかの画像

ログインして全文を読む