韓国の平昌で行われた冬季オリンピックは日本勢が大活躍しました。引き続いてパラリンピックも開催されるので、こちらも楽しみですね。今回はオリンピックで行われたフィギュアスケートを観戦していて感じたことを話題にしたいと思います。

 女子の金メダルは「ロシアからの五輪選手」(OAR)として参加したザギトワ選手でした。15歳にしてあれだけの演技ができるのは、本当に素晴らしいことです。私はそこまで競技に詳しくないのですが、金メダルを取れた要因の1つは後半のジャンプだったようです。

 フィギュアスケートの採点基準についてちょっと調べてみたところ、同じジャンプをしても、後半のジャンプは基礎点が1.1倍に、つまり後半にジャンプすると高点数になるとのことです。もちろん、疲れが出てくる後半のジャンプはそれだけ難しいことなので、妥当性があるのでしょう。

 今回、ザギトワ選手はジャンプを全て後半に持ってきました。誤解のないよう申し添えると、ザギトワ選手を批判するつもりはまったくありません。ルールにのっとり得点の最大化を狙うというのは、ごく当たり前のことです。言い換えれば採点の仕組みがそうさせているともいえます

フィギュアの採点を見て、ふと頭をよぎったことの画像

ログインして全文を読む