「医療費を食う薬剤師の不労所得」という記事が話題になっています。内容をざっとまとめると、薬剤師は調剤(に相当する仕事)なんかしていない。仕事をしていないから「不労所得」というべきで、それが医療費増大の原因となっている。もうけが大きいビジネスで、既得権で守られている、というような趣旨です(該当の記事はこちら)。非常に大きな反響を呼び、数多くのコメント(反論)がなされています。

薬剤師への批判には反論するだけでよいのかの画像

ログインして全文を読む