来年4月の2018年度調剤報酬改定に向けて、中央社会保険医療協議会(中医協)での議論が活発になってきました。中でも、「かかりつけ薬剤師」については、診療側からも支払い側からも、非常に厳しい声が上がっていると報道されています(関連記事「中医協、かかりつけ薬剤師制度に厳しい声」)。

現場の良心や自律を頼りにできない悲しい現実の画像

ログインして全文を読む