先週、厚生労働省が医薬品の処方数量ランキングデータでもあるレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB)のオープンデータを公表しました。一度公表されたものがウェブサイトから一時的に取り下げられるなど、ちょっとしたトラブルもあったようですが、現在はしっかりと公表されています(関連記事「商品名別、処方数量ランキングが明らかに」)。当該データは厚生労働省のウェブサイトの「第1回NDBオープンデータ」からアクセスできます。

処方数量ランキングデータをどう活用するかの画像

ログインして全文を読む