保険薬局と保険医療機関との一体的な構造に関する解釈が見直され、約1カ月後の10月1日から運用されることはご存知の通りです。この“規制緩和”に先立って、厚生労働省から疑義解釈が示されました(厚労省事務連絡「保険薬局の指定等について」)。DI Onlineでもニュースで紹介しています(関連記事「厚労省『フェンス撤廃に伴う再指定は不要」)。

薬局と医療機関の間のフェンスはやっぱり必要の画像

ログインして全文を読む