2月10日、2016年度の診療報酬改定が答申されました。調剤報酬についても、それぞれ点数が明らかになりましたね。今回はかなり明確な方向性が示されたと感じていますが、これはきっと序章にすぎません。改定を重ねるごとに、より色濃くなっていくことと思われます(関連記事「中医協が調剤報酬改定の個別改定項目を了承、厚労相に答申」)。

ログインして全文を読む