1月27日の中央社会保険医療協議会総会で、点数部分の記載がない4月実施予定の診療報酬改定の個別項目、いわゆる“短冊”が公表されました。読者の皆さんもいろいろと感想をお持ちのようですが、ネット上での声を見ていますと、いつもに増して不評のようですね……。今回はその元凶(?)である、新設の「かかりつけ薬剤師指導料」について考えてみたいと思います(関連記事「『かかりつけ薬剤師指導料』新設へ」)。

ログインして全文を読む