このところ、「かかりつけ薬局」という言葉をテレビや新聞報道などで耳にする機会が多いですね。3月の規制改革会議の公開ディスカッションの流れを受けて、議論がより具体的になってきていますが、その中で、厚生労働省がかかりつけ薬局を掲げているからというのが大きな理由でしょう。

ログインして全文を読む