先週の当コラムでは、薬剤師の国家試験合格率に関して「二重のカラクリがあるのでは?」ということを話題にしました。多くの方にお読みいただき、ありがとうございました。コメントでも様々な考察が見られましたが、改めて、今後の国家試験や薬学部の在り方について考えてみたいと思います。

ログインして全文を読む