いつもと変わらぬ日の夕方、薬局の電話が鳴りました。電話の主はMさん(70代、女性)で、その日の午前中にお薬をお渡ししたばかり。「いつももらっている頭痛のお薬がないけれど、出ていなかったかしら?」と言います。

患者さんの生活を見て気づくことの画像

ログインして全文を読む