私たちが調剤業務を行うに当たって、「ミスは絶対にあってはならないものだ」ということは、多くの方が賛同すると思います。しかしながら、「どんなに気を付けていても、必ずミスが起こってしまう」というのも一つの事実です。

ログインして全文を読む