先日このコラムで、日本薬剤師会主催の全国医療安全対策担当者会議について話題にしました。先週末、長野県薬剤師会でその伝達が行われた際、改めて内容を見直してみたところ、弁護士であり薬剤師でもある赤羽根秀宜先生が講義の中で、薬歴の重要性を指摘していました。今回はそれについて話題にしたいと思います。

ログインして全文を読む