先日のことです。60歳代の女性患者さんが、普段は院外処方箋を発行しないA病院の処方箋を持って来局しました。珍しいなと思いつつ(もちろん、それを患者さんに伝えることはありませんが)、お薬をお渡しする段になってよくよく話を聞いてみると、今回からクレメジンカプセル200mg(一般名:球形吸着炭)が追加されたとのこと。そして、患者さん自身はA病院で、「新しく出た薬が病院にないから、今回は処方箋を出す」と説明されたとのことでした。

ログインして全文を読む