今回は、「重複投薬・相互作用防止加算」について考えてみたいと思います。先日、DIオンラインのニュースで算定回数の増加が取り上げられていましたが、現場的には色々と悩ましいところがありますよね。

ログインして全文を読む