2月末に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)で、後発医薬品の使用状況を評価する新たな指標として、「後発品置き換え率」が話題に上りました。

ログインして全文を読む