私の勤務する薬局では、小児の処方箋も一定数受けています。先日も、粉薬が処方された6歳児の処方箋を受け付けました。そのお子さんの姿はなく、母親と思しき女性が1人で来局したのですが、体調の良くない子供を抱える親というのは、やはりどこか落ち着かない表情をしているものですね。

ログインして全文を読む