今年4月の調剤報酬改定を機に、全ての患者さんがお薬手帳を持つことになりました。これについては、「いかに脳内占有率を高めるか」といった観点から、以前もこのコラムで話題にしました。

ログインして全文を読む