ここ1年くらいでしょうか。TwitterやmixiなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、モラルに欠けた発言や犯罪行為の経験を自慢げに投稿したことで、インターネット上でいわゆる“炎上”するケースが相次いでいます。共通しているのが、投稿者の実名や勤務先、顔写真までがSNS経由で明らかにされ、他者によって勝手に公開・拡散されることによって、本人の実生活や周囲が大きなダメージを受けるという結末です。

ログインして全文を読む