OTC薬に対して、このコラムをお読みの薬剤師の皆さんはどんな考えをお持ちでしょうか。ここ数年の流れを見てみますと、医療用医薬品をOTC薬へ転用する、いわゆる「スイッチ化」の流れが加速しており、2008年からスイッチ化を推進する新たなスキームも始まりました。その中で毎年繰り広げられているのが、「高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病に対する薬を薬学会が候補成分として選ぶも、医学会がスイッチに反対したためにOTC薬にならず」という展開です。

ログインして全文を読む