3月29日、東日本大震災の復興を支援するという大きな目的を掲げて行われた、日本代表対Jリーグ選抜のサッカーチャリティマッチ。会場へ足を運ばれた方や自宅のテレビで観戦された方など、多くの方がご覧になられたのではないかと思います。中継番組の平均視聴率が22.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことを考えても、震災後、一番と言っていいほど国民の関心を集めたイベントでした。Jリーグ選抜は、スコア1−2で敗れはしたものの、44歳の「カズ」こと三浦知良選手が82分に見事なゴールを決めました。あのゴールに、そしてその後のカズダンスに涙した人も少なくなかったでしょう。

ログインして全文を読む