時事通信は2月5日、「厚生労働省は2011年度から、生活保護受給者を対象に後発医薬品を利用するよう指導を強化する方針を決めた」と報道しました(記事はこちら)。この記事によれば、厚労省はレセプトをチェックして受給者の医薬品の利用状況を把握し、特別な理由なく新薬を使っている場合は、医療機関や地方自治体を通じて後発品を使うよう指導するとのことです。

ログインして全文を読む