2009年6月の改正薬事法施行の際、第3類のみに限定された「OTC医薬品のインターネット販売」ですが、今年5月末の経過措置満了を前に動きが活発化してきています。1月26日、政府の行政刷新会議の規制・制度改革に関する分科会が提示した改革案でも、第3類以外のネット販売の解禁に向けた内容が盛り込まれました。

ログインして全文を読む