「患者さんとお話をする」ということは、調剤やOTC医薬品販売などの薬剤師の業務の中で、かなり重要な役割を占めています。ただしこの「会話」、普段の生活でもそうなのですが、ほとんど意識することなく行っているため、自分が気付かないうちに相手を不快にさせたり、相手からの信頼感を低下させてしまったりしていることがありそうです。特に、気にしなければいけないのは、患者さんに対する言葉遣いです。

ログインして全文を読む