先日、厚生労働省が平成21年度「一般用医薬品販売制度定着状況調査」調査結果報告書を公表しました。調査は平成21年6月1日から施行された改正薬事法が、実際の販売現場でどの程度定着しているか確認することを目的に、全国47都道府県に渡って、いわゆる「覆面調査」として行われたものです。今回は、調査対象が「独立店」か「チェーン店」かという点に注目して結果を分析してみようと思います。

ログインして全文を読む