添付文書というのは、薬剤使用上の注意事項などが書かれたものですが、患者さんが読むことを想定して作られているものではありません。では添付文書は、患者さんが「読まないほうがいい文書」と言えるでしょうか。こうした疑問が出てきたきっかけは、外用剤などを箱ごと調剤する、いわゆる“箱出し”をする際に、いちいち箱から添付文書を抜いて渡すという「薬局の慣例」に対して、「どういう意味があるのだろう」と考えたからです。

ログインして全文を読む