医療連携の橋渡しを担うツールの一つとして、「お薬手帳」があります。今飲んでいる薬に加えて、アレルギーや副作用の記録もできるスグレモノです。メリットもたくさんありますし、活躍の場は少なくないと思うのですが、今一つ生かしきれていないような気もします。ところで、患者さんはお薬手帳にどんな思いを抱いているのでしょう。

患者はお薬手帳に何を思うのかの画像

ログインして全文を読む