調剤報酬改定の内容が明らかになり、「後発医薬品調剤体制加算」の算定を目指して、各薬局の「後発品変更」への取り組みが盛んになっているようです。最近、後発品変更について感じるのが、それが医師主導で行われたのか、薬剤師主導で行われたかによって、しばしば患者さんの反応が違ってくること。医師が主導した場合は、患者さんから後発品への不安の声がなかなか出てこないのに、薬剤師が主導すると、「本当に同じ薬なのか」といった声が多く出てくるという経験をお持ちではありませんか。この差は、どうして出てくるのでしょう。

ログインして全文を読む