調剤報酬改定に関する議論は各論に入り、そろそろ具体的な点数が出てくる時期になりました。しかしここにきて、後発医薬品調剤体制加算の算定根拠となる「数量ベース」の考え方について、首をかしげたくなるような話が出てきています。

ログインして全文を読む